ページ13

「ニュース劇場」って覚えてますか?~焙煎珈琲豆の販売を始めました

珈琲メニュー表紙

ほのぼの村では、自家焙煎珈琲店茶房さんと提携し、焙煎珈琲豆の販売を始めました。茶房さんは、以前、現在のニュー長崎ホテル建てかえ前のビルの2階で、珈琲ショップを営まれていたそうです。私は、残念ながら、茶房さんにお邪魔したことはなかったのですが、その地下にあった「ニュース劇場」にはよく行きました。そこで…続きを読む

珈琲豆プロジェクト~自家焙煎珈琲店茶房

ryomabootssepiashop-pro

長崎ほのぼの市場も、ドジでのろまな亀のごとく歩みを進めながら、何とか開店にこぎ着けそうです。でも、今時のネットショップって、作れば売れるほど、そんなに甘くはないですよね!お客さまにお買いものをしていただけるようなショップに、どこまで育てていけるのか。そのためには、何が必要なのか。。。 まず大切なこと…続きを読む

合鴨農法とフリースクール

SANYO DIGITAL CAMERA

合鴨農法については、ご存知の方も多いかと思います。アヒルと鴨を掛け合わせた合鴨を、田植え後の水田に放し、雑草や害虫を食べさせる有機農法のひとつ。農薬を使わなくて良いし、フンが土を肥やす。水や泥をかき回すので、水田内への酸素補給もするなど優れた農法です。 長崎市内にあるフリースクールクレインハーバーさ…続きを読む

もぐりプロジェクト作業チーム~NPOと助成団体の合コンセミナー参加

ojizousan13_2[1]

 現在、ほのぼの村には、ネットショップ長崎ほのぼの市場開設作業チーム、もぐりプロジェクト作業チーム、竹プロジェクト作業チームの3作業チームがあります。それぞれのチームは、主体的に立案した個別のテーマを持ち、独自の活動を行なっています。今後、やりたいテーマを抱えた村民が増えるとともに作業チームの数も増…続きを読む

ほのぼの村の【ほのぼの市場】って何?

ほのぼの~癒されます。覗いてみてくださいね。

ほのぼの村は、不登校やひきこもりの経験者が、精神的にも経済的にも自立することを目的に、自ら中心になって活動するコミュニティー(共同体)ですが、ここでいう経済的自立とは、「働いて、生活をしていけるだけの収入を得ること」を指しています。しかし、何らかの原因で、一度ひきこもってしまった若者が、もう一度社会…続きを読む

長崎ほのぼの市場~椿堂の津田さん

椿堂画像

ほのぼの会は、今日から2013年の活動を開始しました。おかげさまで、全員無事に参加。Tさんに、「年末年始はどうしてました?」と尋ねたところ「ずっと、ひきこもってました」との答え。その答えに、不思議とTさんの余裕を感じ、少し嬉しくなりました(笑) 今年のほのぼの会の当面の目標は、まず、ネットショップの…続きを読む

Yさんからのお酒のお誘い

ほのぼのの木

2012年も後数日を残すだけとなった年の瀬に、Yさんからお酒のお誘いがありました。Yさんは、以前知り合いの紹介でお会いしたことのある52才の男性、身体を壊されたとかでしばらく休養され、現在、再起を図っていらっしゃる方です。ご結婚が遅かったのか、お子さんが、まだ1才半とのことでした。 お酒が進むうちに…続きを読む

ほのぼの会~ハンズオンながさき②

ほのぼのの木

今回のほのぼの会は、ハンズオンながさきの松尾代表にお出でいただき、助成金に関するお話を中心に進めました。新しいプロジェクトを立ち上げるための参考になればとの思いからでしたが、十分な成果があったようです。 プロジェクトリーダーを予定しているF君からは積極的な質問も飛び、助成金に関する内容に留まらず、村…続きを読む

ほのぼの会~ハンズオンながさき

ほのぼのの木

ほのぼの村に、ノートパソコンが届きました。実は、これ、村で1台目のパソコンなんです(笑)ショップ開設作業チーム4名は、パソコンのセットアップ及びネットへの接続を行った後、早速、ショップ開設に向けての検討に入っていました。少しずつですが、チームとしての形もできてきたように思います。 一方、私を含めた残…続きを読む

再び、【ほのぼの村】って何だろう?

ほのぼのの木

2012年の初め、ひとりだけだったほのぼの村の村民も、その後、いくつもの出会いに恵まれ、仲間が増えてきました。中でも、不登校・ひきこもりの経験者で作るほのぼの会が、村の中心的な役割を担うようになってきたことは、大きな成果だと考えています。12/6(木)には、オフィスにパソコン及びネットの環境も整い、…続きを読む

1 8 9 10 11 12 13 14 15