ページ16

K君のこと(鯉のぼりの季節)④

仕事を辞めたいけど、どう思うか、意見を聞きたいと、彼は言った。 僕は、基本的に、仕事を辞めることも、有効な選択肢の一つだ思っているけれど、ただ、大事なのは、その「やめ方」にあると考えていることを彼に伝えた。 「敗北感を残さないような辞め方」とでも言ったらいいだろうか。 僕は何度も仕事を辞めて来た。そ…続きを読む

K君のこと(鯉のぼりの季節)③

町役場にとって、普段から、地元の消防団の人たちと親睦を深めておくことは、とても大切なことだ。それは、僕にもよく分かる。ただ、K君にとっての問題は、そこに「酒席」が絡んでくることだった。 彼は、人付き合いが上手な方ではない、というより苦手なタイプだ。その上、お酒が、ほとんど飲めないときている。 職場の…続きを読む

K君のこと(鯉のぼりの季節)②

僕が持っていたイメージからすると、少し意外な感じがしたのだけれど、彼はこの春から、郡部の町役場の職員として、新生活をスタートさせていた。 学生時代は、一生付き合っていけそうな友だちもできて、良い時代だったと言っていたが、問題は、就職早々いきなりやって来たようだ。 彼は、ほとんど酒が飲めない。 ところ…続きを読む

K君のこと(鯉のぼりの季節)

彼から久しぶりに電話があったのは、新年度も始まって間もない10日程前のことだった。 彼、とりあえず、K君と呼ぶことにしよう、と出会ったのは、彼が高校を中退し、随分荒れていた頃だったから、5年程前のことになる。僕がまだ、相談センターの相談員をしていた頃の話だ。 彼が何故荒れていたのか、いくつかの原因が…続きを読む

心のスイッチ(違和感)

相談センターの相談員だった頃、心のどこかで、いつも何となく違和感を覚えていました。 その違和感が何だったのか。 その答えは、あれから5年も経った昨年の暮れ、いつものように「ふわっ」と降りてきました。 「他人ではなく、自分自身として行動しただろうか」 答えはこの言葉の中にありました。続きを読む

2017.大晦日

気がつけば、2014年の大晦日に活動を休止してから3年の月日が流れていました。 思い返せばこの3年間、いろいろな出来事と収穫があったけれど、中でも一番の成果は、自分にとって、本当に大切なものは何かを再確認できたことだと思います。 あなたにとって、大切なものって何でしょうか? そして、その大切なものは…続きを読む

「NEVER DESPAIR」決してあきらめるな!

ブログを再開します。 「NEVER DESPAIR」決してあきらめるな! 何より、自分自身を諦めないで欲しいのです。 あなたが、もし今、自分の人生を諦めようとしているのなら、しばらくの間、このブログと付き合ってみませんか。 これから、このブログで、大切なひとりの友人の物語を綴っていきます。現在進行形…続きを読む

ほのぼの村、活動休止のお知らせ

④ほのぼの村RGB高彩度

長崎ほのぼの村は、2014年12月31日を持ちまして、活動を休止いたしました。 これまで、ご協力をいただきました多くの皆さまに、心よりの感謝とお詫びを申し上げます。  一般社団法人長崎ほのぼの村理事長 長友泰秀続きを読む

なつみのポン酢~長崎県美術館で展示販売中

美術館②

ながさきわくわく自然栽培くらぶ(森實達夫代表)が、無肥料・無農薬の自然栽培農法「奇跡のりんご」の木村式農法で栽培されたみかんを使って作られた『奇跡のみかん なつみのポン酢』が、長崎県デザインアワードで入選しました。 デザインアワードは、長崎県が、豊かな地域・社会の実現に向けて、県内で企画、開発されて…続きを読む

”長崎ほのぼの村”って何だろう?

ほのぼのの木(名刺)

たけ爺のコメントにもあるように、ほのぼの村は、今、大きな節目を迎えています。もちろん、今の状況の直接の原因は、リーダーである自分の人間的な未熟さから犯してしまった、いくつかの大きな過ちにあることは明らかであり、痛切に責任を感じています。しかしまた一方、現在の状況が、次の段階に進むための脱皮の苦しみに…続きを読む

1 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22