長崎ほのぼの村 > 心の螺旋階段 > 「自分である」ことの本質は記憶である~渡部昇一

「自分である」ことの本質は記憶である~渡部昇一

終生知的生活の方法過去の罪悪を忘れてしまうことは、自分であることの責任を放棄することになる。

最近まで、こんな考えを抱いたまま生きて来た。

確かにこの考えは、ある意味間違っていないし、今でもそう思う。

「自分である」ことの本質は記憶なのだ。

僕もそう思う。


そして、こうも思う。

記憶とは過去に対する、現時点での評価でしかない。

評価は、前提となる条件や基準が変われば変わるものだ。

だから、記憶は書き換えられていく。

僕の中には、忘れてはならない、忘れたくない記憶が、確かに存在する。

しかし、その記憶ですら、時とともに、自分の中で書き変えられていく。

というより、「果たして、本当にそうだったか」と感じ始めるのだ。

「あったのか」「なかったのか」ではない。

「本当にそういうことだったのか」と思い始めるのだ。


『思い込み』という名のネガティブな記憶・・過去に重きを置く考え方をやめてしまえば、誤った過去は私たちに影響しなくなるのである。

潜在意識が答えを知っている~ポケット版p114

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL