K君の事業~成功のイメージ

昨夜は、K君とミーティングの時間を持った。 我々の勝利は、既に視界に入っている。しかし、クリアーしなければならない、いくつかのハードルがあるようだ。 「成功」に対するイメージは、もちろん人それぞれ違うが、K君にはK君の「成功に対する美意識」というものがあって、昨夜のミーティングでは、それを改めて認識…続きを読む

K君の事業

K君の事業を文科系的に、極めて簡単に表現すると(笑)、「水と油を混ぜて燃焼させることによって、高い燃焼効率を得るとともに、環境負荷物質の発生を大幅に抑制できる技術」ということになるだろう(笑) このような技術の開発は古くから行われており、一部、製品化もされているようだ。 ただ、本来混ざるはずのない「…続きを読む

長崎ほのぼの屋~資金調達

K君と彼の事業について戦略会議を行った。 何故、僕がK君の事業に絡むのかというと、彼から長崎ほのぼの屋への出資の約束を取り付けているからだ。 事業を成功させるための必須条件のひとつは、もちろん「資金」だ。 だから、僕には彼の事業を応援する必然性があるわけだ(笑) では、その彼の事業について、少しスト…続きを読む

自分の過去からリラックスできる楽しいシーンを思い出す

6月13日 快晴 気温25度 湿度52%  水曜日の昼さがり、僕は、自宅の部屋で、学生時代から付き合っている安楽椅子に座りくつろいでいる。 良い気持ちだ(笑) 窓からは、梅雨入りしているとは思えないほど爽やかな風が吹き込み、レースのカーテンがかすかに揺れている。。 外からは、鳥のさえずりが聞こえ、燕…続きを読む

長崎ほのぼの屋~紫陽花の季節

紫陽花の季節になった。この花は、雨によく映える。 さて、饅頭屋「長崎ほのぼの屋」について、考えを進めてみよう。目標を達成するためには、その目標を鮮明にイメージすることは大事なこと!人間はそのようにできている(らしいから笑)   だいたい、この話は、なぜ「饅頭屋」なのか、というところから始ま…続きを読む

長崎ほのぼの屋

「長崎ほのぼの屋」という名の饅頭屋を開店する。 開店すると言っても、開業資金も含めて、何の準備ができているわけでもない。 ただ「目標設定」っていうのかな(笑) 「まずは、宣言しちゃえよ!」って、僕の内側に住んでる誰かが、そんな風に言ってるんだ(笑)続きを読む

わたしたちはそのようにできている。

We are made to such. 私はこの言葉から、大いなる『許し』の波動を受け取った。心が軽くなり、前に進む知恵と勇気が、内側から湧いてくるのを感じた。続きを読む

自分を変えるコツ(少しだけ→習慣化)

ここしばらく、朝のウォーキングが続いている。「続いている」と書くのは、まだ「習慣になっている」と書く程の自信がもてないからだ(笑) 元々、何かを「継続する」ということが苦手で(笑)、そういわゆる「根性」がないのだ。 でも、今日歩きながら、何かがコツンと来たような気がした。「ああ、何かを続けるコツって…続きを読む

KS君のこと(鯉のぼりの季節)⑥

  KS君から最初の相談を受けたのは、4月の上旬だった。あれからもうすぐ、ひと月が過ぎようとしている。その後、連絡はないけれど、元気でやっているだろうか。 君の人生はこれからだ。思いっきり味わえばいい(笑)応援しているよ。 鯉のぼりの季節も終りだ。最後に彼に送ったメッセージを記録しておくこ…続きを読む

KS君のこと(鯉のぼりの季節)⑤

KS君に、一週間頑張って、また連絡をくれるようにと伝えた。 一週間後にlineがあり、あと一週間頑張ってみるという内容だったが、彼からのメッセージは、とても素敵なもので、僕は嬉しくなった。 「こんなKS君なら大丈夫だ(笑)」と、心からそう思えたからだ。 彼がこのまま、今の仕事を続けていくのか、それと…続きを読む

1 2 3 4 5 6 8