長崎ほのぼの村 > THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS

THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS

「成功型」人格と自動成功メカニズムの関係

なるほど!、と腑に落ちた。 いわゆる「成功型」人格は、「自動成功メカニズムを働かせる基本原理」を内包しているのだ。 あるいは、成功している人間とは、自らが本来持つ自動成功メカニズムの起動に成功した人間であるともいえる。改めて確認しよう。 より良い人生は、思考・想像・想起・行動の新しい習慣を「学習」し…続きを読む

KK君のビジネス~自動車向け燃料添加剤『Aqua Spark』

『加水燃料及び加水燃料用添加剤』に関わる彼のビジネスも、やっと軌道に乗りそうだ。 近々、この技術を応用し開発に成功した自動車向け燃料添加剤『Aqua Spark』の販売がスタートする。 おそらく、この製品の販売開始を皮切りに、KK君の環境は大きく展開し、成功の頂に向かって昇りつめて行くことだろう。 …続きを読む

Understanding(理解)~成功する人格(第2の要件)

友人であり、仕事のパートナーでもあるKK君とHT君は、ともに素晴らしく高い能力を持った人たちだが、また極めて個性的でもある。 だから、こんな2人と付き合う極めて凡人である僕は(笑)、度々難しさを感じて苦しむことになる。でも、こんな僕にも、この状況をブレークスルーする時がやって来たようだ。 Under…続きを読む

すべてのものは繋がっているという感覚

「あきらめる」という言葉は、「明らかに見極める」という意味の仏教用語の省略形なんだそうです。 成功する人格の7番目の要件、「Self-acceptance (自己受容)」とは、結局、自分を「あきらめる」ことなのだと気づきました。 所詮、自分の器の容量を超えて、何も「すくう」ことはできないのだと知りま…続きを読む

”与える”こと、そして”許す”こと

”人間は本来、成功するようにできている” THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS by Maxwell Maltz (1899~1975)よりあなたが水中に石を投げるなら、その石はまっすぐに底に沈んで行くでしょう。シッダルタが目標、計画を定めたときも、同様です。シッダルタは何もしません…続きを読む

なんとなく、”生き方”が見えてきたような気がした。

 こんな”想い”になるまで、随分時間がかかったもんだと思うけれど、まあ、僕はこんなもんだろう(笑) ”Self-acceptance” まずは、自分を受け入れるところから始めよう。 他人(ひと)と比べてみても、何の意味もないことだ。”人間は本来、成功するようにできている” この言葉ほど、「勇気」と「…続きを読む

僕の欲しいもの~本音

僕の真ん中にある”欲”は、Kとともに、「人生の豊かさ」を味わうこと。 Kとともに「人生の豊かさ」を味わうことは、快楽であり、快感である。 何度も繰り返すが、「人生の豊かさ」とは、多くのことを成し遂げ、価値のある目標を達成し、人を愛し人に愛され、健康で楽しい日々を送り、自分自身と周りの人を幸せにするこ…続きを読む

脳内報酬系

僕の真ん中にあるもの、それは”欲”である。 僕が欲しいもの、それは快楽であり、快感である。 「何を今さら青いことを」と言われてしまいそうだけれど、自分の中で、まずはそれを認めることから始めないと、後の全てが、なんだかきれいごとを並べていくような、そんな空虚さがある。恥かしながら、この年齢(とし)にな…続きを読む

成功本能

  あらゆる生き物には誘導システム、すなわち目標へ邁進するメカニズムが内蔵されている。それは目標、大雑把に言えば「生きる」ことの達成を助けるべく神の手で組み込まれたものだ。 シンプルな生命体の場合、生きるという目標は、単に個体と種の両方が肉体的に生き延びることを意味する。人間以外の動物に内…続きを読む

常に『Goal』を意識する習慣①

気がつけば、前回のブログ更新から、ひと月近くが過ぎようとしている。 慌しかったけれど、密度の濃い時間だった。   このひと月のことを振り返っていて、いつの間にか自分が、とてもいい習慣を身につけていることに気がついた。 以前の自分にはなかった習慣だ。 それは、常に”Goal”を意識していると…続きを読む

1 2 3 4 5 6