長崎ほのぼの村 > 未分類 > Solution-focused approach~解決志向アプローチ①

Solution-focused approach~解決志向アプローチ①

人を動かす対話術~岡田尊司それに対して、問題の解決に取り組もうとするとき、人は前向きで元気になる。すぐには解決できなくても、何とかして成し遂げようとし始めたとき、人はもう変わり始めている。問題の解決は未来に向かっている。幸いなことに、未来はいくらでも変えることができる。過去を悔やみ原因を云々するよりも、報われる可能性はずっと大きい。

解決志向アプローチでは、この原理を最大限に活用しようとする。原因の究明はスルーして、過去ではなく常に未来に目を向け、すべての対話は問題解決という一点を目指すのである。

人を動かす対話術~心の奇跡はなぜ起きるのか 岡田尊司 PHP新書p77

問題を解決する一番の近道は、問題が解決したらどうなるかを思い描き、その状態のとき何が変わっているかを明確にすること。。。ディ・シェイザーは、そのプロセスを解決構築(solution construction)と呼んだ。

人を動かす対話術~心の奇跡はなぜ起きるのか 岡田尊司 PHP新書p80

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL