長崎ほのぼの村 > ひきこもり > 職業 若者は大志を抱くな③

職業 若者は大志を抱くな③

寅さん時代を駆ける 山田洋次

毎日新聞 2010年(平成22年)1月20日(水)

<学生時代の山田さんは将来を決めかねていた。確信のない選択が、今日につながっている>

 自分という人間が出来上がっていない時期に、将来を決めることはムリだと思います。僕は結果として映画人になったけれども、映画の何たるかも分からず、本当に好きかどうかすら分からないまま、映画会社に就職した。それでよかったと、振り返って思います。

 「大志を抱くな」と、若者に言うんです。大志のあり方ってことですが、どんな人間になりたいかという質問が、人格についてなら大いに野心を持つべきだと思う。でも職業のこととしか受け止められないとすれば、はなはだ貧しい。

 (「男はつらいよ」の)寅さんはおいの満男に、迷ってるからこそ大学に行かなきゃいけない。勉強しながら考えるんだ、悩むために大学生活はあるんだと言う。大学が就職のためのプロセスでしかないのなら、とてつもない悲劇だと思う。若者が成熟しないまま社会にでることだからね。

 

※やまだ・ようじ 映画監督。54年松竹入社、61年「二階の他人」で監督デビュー。69年「男はつらいよ」シリーズ開始。「家族」「たそがれ清兵衛」などで、毎日映画コンクール・日本映画大賞を4度受賞。78歳。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL