長崎ほのぼの村 > THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS > Self-acceptance(自己受容)②~心のスイッチ(違和感)

Self-acceptance(自己受容)②~心のスイッチ(違和感)

皆既月食後に、自分は価値のない人間だからと思ってしまうことで「生命力」の受け入れを制限するのはよそう。私たちは神から許しの感情と心の安寧と幸福を与えられているが、それらはすべて、自分を受け入れることによって発現されるのである。

 潜在意識が答えを知っている! ポケット版p306

僕は、長い間の自分を振り返るという作業を通して、やっと「自分を受け入れる」ことができた。

もし、あなたが、今、自分や周囲(まわり)のことに何らかの「違和感」を感じているのなら、その「違和感」を大切にすることをお勧めしたい。僕の経験からなんだけど、その「違和感」こそが、きっと、あなたらしさ、あなたの「個性」だし、成長の次の段階へ進むための「入り口」なんだと思うから(笑)

ちなみに、Psycho-cybernetics的に考えれば、それは潜在意識からのひとつのメッセージなんだと思うな。

例えば、「本当のあなたらしくないよ!」とか、「目標へ向かうための軌道からずれてるよ!」とかね(笑)

僕が人生の再スタートラインに立つことができたのは、「THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS(潜在意識が答えしっている!)マクスウェル・マルツ著、ダン・S・ケネディ編」という一冊の本との出会いからだった。

この本を読みながら、不思議なほど素直に、書かれていることが、す~と心にしみていくのを感じた。

それは、何故だったのか。

ひとつには、本の底辺に流れる、マルツ博士の人間に対する優しい目線があるからだと思う。

そして、もうひとつは、長い間抱え続けていた僕の違和感に、この本が、答えをくれたからなんだと気づいた。

「自分を受け入れる」って、やってみたら結構大変な作業だし、なかなか簡単なもんじゃないってことが分かる。

それに100%なんてできっこもない(笑)

でも、やってみたらいいよ!

あなたの中で、きっと何かが動き出すから(笑)

 

※画像は、2018年7月28日 土曜日の皆既月食を撮影したもの。見直してみてびっくり!もちろん、無修正だよ(笑)

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL