長崎ほのぼの村 > 長崎ほのぼの屋 > 「長崎ほのぼの屋」~僕の役割、視点、そして、なすべきこと

「長崎ほのぼの屋」~僕の役割、視点、そして、なすべきこと

西野朗FIFA WORLD CUP RUSSIA 2018

ポーランド戦 西野朗監督の采配が話題に(笑)なっている。

愛読紙のコラムが、この件について、宮本武蔵の兵法を引き合いに出していたのは、実に興味深かったけれど、僕個人としては、彼の判断に賛同する立場だ(笑)

どこに「視点」を置くか。ポイントは、そこにあるのだと思う。

その人の基本的価値観、ゲームにおける立場、役割。結局、最も欲しいものは何なのかということなのだろう。

宮本武蔵は、西野朗は、何が欲しかったのか。

目標設定、目的意識という「視点」からの逆算。

今回のテーマは、「長崎ほのぼの屋」における僕のポジション(役割)、「視点」をどこに置くべきなのか、そして、このミッションを達成するために、これから何をなすべきなのかを、改めて考えさせてくれた(笑)

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL