長崎ほのぼの村 > THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS > 「自己イメージ」を書きかえるということ①

「自己イメージ」を書きかえるということ①

ミッション岩田松雄「自己イメージ」とは、本来、ヒトという生き物が、いわゆる「社会」という環境の中で、より生きやすく生きていくために獲得した、意識下のメカニズム(いわゆる潜在意識)の「機能」のひとつだったのではないかと思う。

だから、その「自己イメージ」故に、社会の中で生きづらさを感じているのであれば、その「自己イメージ」は、「機能」として、本来の役割を果たしていない。

よって、それは、書きかえられるべきものであり、かつ、その作業は、自ら行うことしかできない、と僕は考える。

人間の「こころ」は、そんなに単純で、簡単なものではないという意見が聞こえてきそうだ(笑)

なるほど、確かにそうかもしれない。

それでは、おたずねしたい。

あなたは、なんのために生きているのか。

あなたが生きる目的はなにか。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL