長崎ほのぼの村 > THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS > ”スタートライン”~僕なりの仮説

”スタートライン”~僕なりの仮説

自己肯定感②すべての人にとっての真の目標は、豊かさへ向かうことだ。幸せの定義は人それぞれだが、「豊かさ」を味わわないかぎり、人は幸せを味わうことができない。

豊かさとは、多くのことを成し遂げ、価値のある目標を達成し、人を愛し人に愛され、健康で楽しい日々を送り、自分自身と周りの人を幸せにすることだ。

~THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS ポケット版p305

その感覚を説明してみろと言われても、うまく表現できないけれど、確かに今、「人が生きていく」とはどういうことなのかを分かり始めている、そんな感覚がある。

もちろん、あくまでもそれは、僕個人の主観でしかない。

しかし、その主観すらもち得ず、今日まで生きて来たことに初めて気づかされた。

 

幸せとは、「多くの時間、楽しい考え方ができている心理状態」

~ジョン・A・シンドラー

Dr.モルツがいうように、幸せの定義は人それぞれだ。

だから、人それぞれの生き方があっていい。

運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。

~スティーブ・ジョブズ


※「人が生きていくとはどういうことか」~僕なりの仮説

人は本来、「真の自己」を発露するために生きていて、そうすることによって、豊かさを味わい、幸せを感じられるように創られている。

そのための出発点は、まずは、自分を受け入れること、そして、自分を信じること。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL