長崎ほのぼの村 > 心の螺旋階段 > こどもたちへ

こどもたちへ

水俣福田農場にて

水俣福田農場にて

鹿児島の実家に帰ったとき、ばあちゃんからこんな話を聞いた。

51歳で他界したじいちゃんが、亡くなる前に「お前も幸せになれよ」と、ばあちゃんに言ったそうだ。

ばあちゃんは、「あんたが死んで、わたしが幸せになれるわけがない。そんなことを言うな」と言ったそうだが、じいちゃんは「言えるうちに言っておきたい」と言ったそうだ。

父さんは、ばあちゃんからこの話を聞くのは初めてで、じいちゃんの優しさを、改めて知ると同時に思った。


もし、こんな風に聞くことがなかったとしたら、こんな素敵なエピソードが誰の記憶の中に残ることもなく、消えていってしまったわけで、それは本当に寂しいことだ。

だから、愛する君たちにも是非、このエピソードを伝えておきたい、と。

君たちのじいちゃんは、こんなに慈しみの心にあふれた、素敵な人だったんだよ。


人は本当に大切なものを、時として見失ってしまうものだ。

そして、失ってしまってから初めて、その大きさに気づく。

父さんが、本当に大切なものを失わずに、今日まで生きて来れたのは、君たちの母さんのおかげだ。

心から感謝している。

君たちの人生は、これからまだまだ長い。

多くの困難に出会うことだろう。

そして、君たちが最もどうしようもなく苦しむのは、おそらく、人との関係についてだ。

そんなとき、このじいちゃんの深い優しさを思い出して欲しい。

きっと、君たちの苦しい心を癒してくれる。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL