長崎ほのぼの村 > 心の螺旋階段 > 墓参りツアー

墓参りツアー

島原 曹洞宗晴雲寺

島原 曹洞宗晴雲寺

長男夫婦が企画した「ご先祖様のお墓をめぐる小旅行」に、家内とともに参加させてもらった。

鹿児島県出水市、熊本県宇土市、そして長崎県島原市の3か所のお墓。

お墓に手を合わせながら、まるで自分の心と向き合っているようだ、そんな感じがした。

 

帰省中、40年ぶりに、友人のI君と一献酌み交わした。

高校卒業後警察官になった彼だが、性に合わず、随分つらい目にあったようだ。

また現在は、I君と奥様のそれぞれのご両親の介護や、知的障害を抱えて施設に通うご長男のこともあり別居中で、とても大変な様子だった。

でも、嬉しかったのは、彼がはなはだ「味のある人間」になってくれていたことだ。


彼はNHKの放送大学で心理学を学んだといっていた。

まさか、40年ぶりに酒を酌み交わした友人から、「河合隼雄」の名前を聞くとは思いもしなかったけれど(笑)

たしか「竹内均」の名前も出ていたような気もする。

酔っぱらいの記憶だから定かではないけれど、現代の科学では、まだまだ解明されていない未知の領域が圧倒的に多いのだと、彼はいっていた。
I君との再会は、とても心地のいいものだった。

そして、これからも繋がっていたいと思ったし、おそらくそうなるだろう。


お墓に手を合わせながら、自分の心と向き合う。

向き合ったその先には、未だ現代の科学では解明されていない、深遠な未知の領域が広がっているのだろう。

でも思う。

たとえ、科学的に解明されていなくても、人はそれの何たるかを感じ取っているのだと。

そして、たとえ自らが気づいていなくても、その未知なる力を感じながら、周囲の人たちを幸せのオーラに巻き込んでいく長男夫婦の心の豊かさを、嬉しくも、また誇らしくも感じられた、今回の素敵な旅だった。

感謝!

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL