長崎ほのぼの村 > 心の螺旋階段 > 長崎ほのぼの屋の位置づけ~我欲という視点から①

長崎ほのぼの屋の位置づけ~我欲という視点から①

アブラハム・マズロー

アブラハム・マズロー

自分自身、最高に平穏であろうとするなら、音楽家は音楽をつくり、美術家は絵を描き、詩人は詩を書いていなければいけない。人は、自分がなりうるものにならなければいけない。人は、自分自身の本性に忠実でなければならない。このような欲求を、自己実現の欲求と呼ぶことができるであろう。

人間性の心理学~アブラハム・マズロー

たとえそれが『善』であろうが『悪』であろうが、自分の本性に忠実な人間が本来持っている、いわゆる潜在的な能力を発揮しうるのだと思う。

だから成功し幸せに生きていくために大切なことは、建前ではなく、本音で生きるということ。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL