長崎ほのぼの村 > THE NEW PSYCHO-CYBERNETICS > 人格=自己イメージ~記憶、すなわち蓄積データ

人格=自己イメージ~記憶、すなわち蓄積データ

宿命は変えられないが運命は変えられる

宿命は変えられないが、運命は変えられる。

どうも勘違いしていたようだ。

僕の中で今まで、「自己イメージ」が、感覚的にだけれど、目指すべき「目標」の位置にあったような気がする。

だから、何となく「上滑り感」があったのだ。

そうではない。

目標の位置にあるべきものは「人格」である。

そして、「人格」は「自己イメージ」すなわち「記憶(=蓄積データ)」の投影に過ぎない。

自己に対する記憶(=蓄積データ)が、すなわち「自己イメージ」である。

「自己イメージ」が変われば、行動及び思考の習慣が変わる。

行動及び思考の習慣が変わるとは、すなわち、人格が変わるこということだ。

人格が変われば、運命が変わる。

プロフィール

長友 泰秀
長友 泰秀

このブログを購読

Facebook、Twitter、RSSでブログの更新を受信できます。

この記事への感想・気付き・コメントなど

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL