長崎ほのぼの村 > 心の螺旋階段

心の螺旋階段

亡き父の夢

枕元にノートを置いて眠ることを習慣にしている。 頭にふわっと浮かんだアイデアを、いつでも書き留めておけるように。 古いノートをチェックしていたら、一昨年(おととし)の夏のこんなメモ書きに目がとまった。 7/27日(金) 父さんの夢をみた 携帯電話の機能について 尋ねられたけど 僕も分からないよ!(笑…続きを読む

「自動失敗メカニズム」の発動を修正する~Allowing

成功を手にするために必要なものはたった一つである。 ”健全なものの考え方”がそれである』 ~THE THINK AND GROW RICH by Napoleon Hill健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。 不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。 ~Alfred Adler 何故、…続きを読む

螺旋プロジェクト~2019晦日

「AquaSpark」 「Psycho-cybernetics」 「心と精神のくつろぎの基本法則」 「引き寄せの法則」「The art of allowing」 「Let it go」Lelease under-consciousnes. 「自動創造メカニズム」の目標としての「感情」 「アファメーシ…続きを読む

「受取の法則」

『心穏やかで、豊かな人生』 僕が望むこの目標達成のために足りない要素は、あと経済的な側面、要は「お金」だけである。 残りの要素は、すでに獲得しているか、あるいは、それを獲得するための準備は整っている。『引き寄せの法則』には、対になる『受取の法則』というものがあるという。 僕の理解では、これはイマジネ…続きを読む

どんな人生を生きたいのか。

令和元年10月31日木曜日、朝、家内がこの秋初めて「寒いね」と口にした。 またひとつ季節が進んだことを実感する。 僕は今年62才になった。 もうしばらくすると初孫も生まれるようだ。 そんな秋の日の朝、「おまえはどんな人生を生きたいのか」というメッセージが、いつものようにいきなり降ってきた。 「引き寄…続きを読む

嗅覚~⑥Self-confidence(自信)④

こまで、何故、自分は成功することができたのか、その理由について考えてきた。 考える目的は、「自信」を強化するためだ。潜在意識がくれた答えは、こうだ。 「自分が惨めな敗北者のまま人生を終わる」というイメージがなかったから。 常に「自分の人生の最後は幸せな成功者(=ハッピーエンド)だ」というイメージを手…続きを読む

嗅覚~⑥Self-confidence(自信)③

Psycho-cyberneticsの理論によると、潜在意識がもつ自動創造メカニズムを起動させるためには、「目標」が必要である。 (1)あなたに内蔵された成功メカニズムには、目標やターゲットがなければならない。 「目標」は、まず、イメージという形で内側(インサイド)に形成され、それから徐々に具体化し…続きを読む

嗅覚~⑥Self-confidence(自信)②

今回の成功の要因について考えている。 以前から、成功の理由を訊ねられたら、「自分を諦めなかったからだ」と答えようと考えていた。 でも思う。 途中何度も心が折れそうになったのに、なぜ自分を諦めずに済んだのかと。 その理由(わけ)は、愛する妻への想いだったろうか。 もちろんそれはある。 が、また同時に、…続きを読む

嗅覚~⑥Self-confidence(自信)①

自信は、成功という経験をして築かれるものだ。 成功が成功を生むのだ。 もうひとつの重要なテクニックは、過去の成功は記憶し、失敗は忘れるよう習慣づけることだ。 潜在意識が答えを知っている~ポケット版p173 自信は、成功の記憶に、無意識がフィードバックして生まれる。 故に、自信を強化する方法は、これ~…続きを読む

顕在化~Realized

2019.8、潮目の変化が顕在化した。 なるほど、成功とは、こんな風にしてやってくるものなのだと思う。 間違いなく、思考は現実化する。 ただしそこには、時間的なギャップが存在する。 このギャップと、どう向き合えるか。 「成功と失敗」「勝利と敗北」を分ける要因は、そこにあるのだと思う。続きを読む

1 2 3 4 5 6 9