ページ10

”長崎ほのぼの村”って何だろう?

ほのぼのの木(名刺)

たけ爺のコメントにもあるように、ほのぼの村は、今、大きな節目を迎えています。もちろん、今の状況の直接の原因は、リーダーである自分の人間的な未熟さから犯してしまった、いくつかの大きな過ちにあることは明らかであり、痛切に責任を感じています。しかしまた一方、現在の状況が、次の段階に進むための脱皮の苦しみに…続きを読む

ガン生還者に学ぶ会~ぼくは命をあきらめない! 杉浦貴之講演会

ひまわり

~平成14年、同じ病室の患者だった彼女は、4期の卵巣がんでありながら、いつも愛情深く笑顔の絶えない人で、重苦しい病室の中にあって唯一、光のような存在でした。残念ながら彼女は闘病半ばで亡くなられましたが、亡くなる前に「天国に行ったら、空の上から同じ病気で苦しんでいる人を励ましたい」とおっしゃっていまし…続きを読む

就労困難者の雇用事業説明会in長崎~(株)アイエスエフネット

雇用創造革命

『雇用創造革命』 ((株)アイエスエフネット社長渡辺幸義著)に出会ったのは、一昨年の春頃、ほのぼの村の活動をスタートして間もない頃でした。 『これからは、人に合わせて雇用を創る時代だ』というコピーに惹かれ、書店で手に取ったこの本との出会いは、その後のほのぼの村の方向性に大きな影響を与えることになりま…続きを読む

江戸しぐさ

title

 先日、子どもたちの未来を考える、ある会合の懇親会の席で、長崎で「江戸しぐさ」の伝承普及員をされている宮﨑牧子さんという方とご一緒する機会をいただきました。席が、たまたま隣であったこともあり、「江戸しぐさって、何ですか?」とお訊ねしてみました。 少々ぶしつけかとも思ったのですが、食事の手も止められた…続きを読む

サラダ記念日

sarada

『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 「何でもない日を記念日にしてくれる、それが恋。そう思ってサラダ記念日の歌を作った」「ささやかな日々を記念日で一杯にしてくれる、それが自分にとっての短歌」 歌人俵万智は、そう話している。 何でもない一日を「記念日」にできる人は、幸せだと思う。 …続きを読む

長崎イノベーション塾に、初参加しました!

140522イノベーション塾

長崎イノベーション塾は、アイデアを形にすることによって、長崎を元気にすることを目的に活動されている団体ですが、ながさきわくわく自然栽培クラブ森實代表のご縁で、初めて参加させていただきました。 今回は、まず、まちぶらプロジェクトさんの長崎職人ロードマップとスポーツ文化新聞社さんが発行する長崎のサッカー…続きを読む

もし、ひきこもり支援にドラッカー理論を応用したら

マネジメント①

ほのぼの村の村民も、最近、徐々に増えて来ました。このこと自体は、嬉しいことなのですが、同時に、いくつかの問題も発生するようになりました。 「村民個々が村に求めるもの(ニーズ)は、異なっている」 このこと自体は、当初から想定しており、当然のことなのですが、村民の増加にともない、その多様化が進む中、ほの…続きを読む

飛行機はなぜ飛ぶのか?~村の変化

typeangler up

先日、NAGASAKI企業家大学でお世話になったある方から、「ほのぼの号が滑走路から離陸できるよう頑張ってください」とのメッセージをいただきました。ありがとうございます。 この方が、ほのぼの村(ほのぼの号)が、既に滑走路上にあると認めてくださったことに、とても勇気をいただく思いがしました。 ところで…続きを読む

できること見つけた!

うれしいなあなたに会えて

初めまして!新米のましゅBです!ましゅBのBは“婆”じゃなくて、ミツバチのBeeです! 自己紹介は追い追いに、村の仲間の「よちぴこ」さんの「支援って」「やりたい→投げ出し→落ち込み」を読んで気付かされたこと。 人間って、褒められると嬉しいし、やる気が起きる。 自分に褒められる点は思いつかないけど、共…続きを読む

”真実の瞬間(Riv Pyramidema) ”~「支援ってなに?」、僕なりのアンサー

ほのぼのの木

スカンジナビア航空(SAS)の社長兼CEOであったヤン・カールソン氏の著書「真実の瞬間(Riv Pyramidema)」に出会ったのは、30代前半の頃だったと思います。 当時、経営不振にあえいでいたSASを、「従業員が顧客と接する15秒こそが、SASの成功を左右する”真実の瞬間”である」との視点から…続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15